一日の活動時間を劇的に増やす方法

湯浅です、

本日のテーマは
「一日の活動時間を劇的に増やす方法」です。

あなたが一日の内で、

活動的になれる時間はどのくらいでしょうか?

ここでいう活動的とは、

頭の回転がトップギアで、

目の前の作業がどんどん進む状態であったり

何かの課題に対して、

より深く考えることができる状態など

自分の身体や脳が最大限の能力を発揮できている状態を

活動的な時間と呼ぶことにしています。

多くの人は

平日午後の時間帯は眠気が襲ってきて

仕事への集中力は
極端に低くなることがほとんどだと思います。

そこで大事になるのが、昼寝です。

しかも単に寝るだけではなく、

ポイントをしっかり押さえた

上質な昼寝が大事になります。

そのポイントは2点です。

ひとつは時間、もうひとつは寝る前の飲み物です。

時間については

一番最適な昼寝の長さは15分から20分です。

それ以上長いと夜の睡眠の質に悪い影響を与えます。

長すぎず、短すぎず、15~20分がちょうどよいです。

そして、次のポイントは寝る前の飲み物です。

これはずばり寝る前にブラックコーヒーを飲むことです。

コーヒーの中のカフェインによる覚醒効果は

飲んでからすぐに聞くわけではなく、

まさに昼寝時間の15~20分後に、効いてきます。

そのため、昼寝から目覚めるときに

すっきり目覚めることができます。

そうすると脳内はリフレッシュされ、

午前中の仕事始めのときのような

集中力が取り戻されていることに気付くでしょう。

こうなると一日おける活動的な時間が劇的に増えます。

そして、会社勤めの方の場合でしたら、

余計な残業が減り家庭や
自分の趣味の時間に充てることができるようになるでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

湯浅 桃太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です