何度注意しても言うことを聞かない子どもへの接し方

湯浅です、

本日のテーマは

「何度注意しても言うことを聞かない子どもへの接し方」

です。

私には現在、小学1年生の息子と4歳の次男、10ヶ月の三男と
3人の子どもたちがいます。

3人とも男の子で家ではいつもプロレスごっこや
兄弟けんかで大賑わいです。

大賑わいというと楽しそうな雰囲気に聞こえますが

正直、うるさいなぁと思うことも多々あります。(笑)

そのような中で、明らかに悪いことをした場合の

注意の仕方について、夫婦で決めていることがあります。

それが

タイムアウト法です。

例えば、家族みんなで遊んでいる時に

次男が床にイタズラ書きをしていた場合

最初は注意しますが、それでも何度か続くようであれば

次男をそのまま廊下もしくは外の庭に一時移動させます。

そして、5分くらい頭を冷やしてもらい

それから又、遊んでいた場所にもどします。

もし仮に又同じことをやってしまった場合は

再度、廊下や外の庭にいくことになります。

ここでのポイントは

遊んでいる場所 = 楽しい場所

から悪いことをした場合に

廊下や外の庭に追いやられる = 一人でつまらない場所に追いやられる

という代償が伴うということを実感してもらうことです。

単に怒鳴りつけて怒るよりも

行動に伴う結果を体験させて

自分で行動を選択してもらうことを実感してもらいたいと

考え夫婦で実践しています。

ぜひ、あなたも試してみください。

湯浅 桃太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です