お小遣いはお手伝いであげよ

こんにちは、桃太郎です。

億万長者のメンターから教わった【子供教育編】です。

自分のお子さんにお小遣いをあげるとき
毎月決まった額を渡している方は、来月からはやめましょう。

たとえそれが、500円でも1000円でも、
金額の大きさは関係なくて
何もせずにお金がもらえることに

子供の思考が慣れてしまうことが問題なんです。

お小遣いは、何か家の手伝いをした対価として渡すようにしましょう。

そうすることで、何かを人に与えることで
お金がもらえる起業家マインドが身につきます。

我が家では、

中学生の長男は、お風呂掃除

小学生高学年の次男は、夕食の食器洗い

小学生低学年の三男は、玄関掃除や、洗濯物を畳む

などして、1回50円などでお小遣いを渡すようにしています。

ぜひ、お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です