ノマドファミリー 必要に迫られて会社員から在宅ワーカーとなった3児のパパ奮闘記

訴える


湯浅です、

今日の内容をあなたが知ることで
起業に大切な営業力が向上し
収入が何倍にも増えます。

 

私は20代の頃にクレジットカードの入会促進の
店頭イベントディレクターのアルバイトをしていました。

薬局やレンタルビデオ屋、ショッピングモールなどの店先で
クレジット機能付のポイントカードへの入会を促す
スタッフにあなたも声をかけられた経験があると思います。

私は地元の北海道でスタッフ数名から多いときは30名位の
チームの運営ディレクターとしてアルバイトを5〜6年程
やっていました。
ここでちょっとあなたに思い返してみて欲しいんです。
あなたがショッピングモールなどでクレジットカードの
キャンペーンスタッフに声をかけられた時の気持ちや対応
はどんな感じですか?

・・・

思い出しましたか?

おそらく、

結構です、と足早にその場を去る

聞こえなかったふりをする

もうちょっと考えてみます、とその場を逃れる
というよう対応が大半ではないかと思います。
私も声をかけられる立場の時は大抵そうです。
キャンペーンをする側の立場からすると

成果をあげる事は中々大変なのです。
しかし、私は当時ある事を意識して実践することで
通常そのイベントで他のディレクターが出している成果の
何倍もの結果をあげることに成功しました。

具体的には
通常、1日8時間のイベントでスタッフ2名、ディレクタ−1名の
体制で40件の入会獲得が平均のところ

最高で240件、平均して100件程の成果をあげていました。
そのような成果をたたき出した秘訣は

不便さをお客様に伝える

ということです。
え? 不便さを伝えるって、
湯浅さん、それじゃあお客様はますます離れていくでしょう
何を言っているんですか?

とあなたは思うかもしれません。

もう少し具体的にお話ししますね。
薬局等の店内で買い物をしているお客様へ声をかけて

クレジット機能付きのポイントカードをお勧めをする際に、

検討します、今はいらないというお客様の反応があった場合は

トークにこう付け加えます。
「申し込みの際に受付ブースが混み合っていた場合は
恐れ入りますが、少々お待ちいただくか、後日改めて足をお運び願います。」

ここでのポイントは

混んでいることを予め了承してもらう = 他の人も入会している

ということを印象付けることなんです。
人は自分の行動を決める際に、自分だけで決めていると

思い込みがちですが、実は他人の行動する内容にも大きく

影響されているのです。

そのため、混んでいる場合にご不便をおかけすることを

伝えることで、お客様の頭の中では、他の人は入会している

と自然に印象が変換されて、それなら私も入ろうかなと

思う方もでてくるのです。
これは電話営業や、個別訪問でも応用できるコツだと
思います。

お客様への感情へ訴える方法の一つとして
ぜひ、一度試してみてください。

湯浅 桃太郎

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ノマドファミリーを実現した秘密を無料で公開!

私がノマドファミリーを実現することができた、実体験を元にした秘匿性の高い方法をLINE@に登録いただいた方に無料公開しています。ご興味のある方は下記から友達登録をお願いします。



友だち追加

出版物

書籍名:初心者でも今すぐ使える!Wixでホームページ制作
ホームページ制作をもっと身近にする画期的なシステムであるWIX。その最新情報が載っている待望の新刊が2016年1月より発売。全国書店、amazonにて発売しています。


書籍名:おれみつくんの大冒険!
親子で楽しめる冒険物語。電子書籍として2016年7月より発売。

運営者

名前:桃太郎

出身:北海道札幌市

趣味:旅行、読書、囲碁

著者のオススメ商品